ここを抑えれば絶対に痩せられる食事の3つのポイント

スポンサーリンク

食事には絶対に外せない3つのポイントがあります。

このポイントを意識して食事をすれば、間違いなく太りません!!

もし、普通の体型以上に太っている人がいればその方はこの3つポイントのどれかもしくは複数がおさえられていないからでしょう。

  • ダイエットしてるけど痩せない。
  • 何やっても効果がない。
  • 特に思い当たることないのに太ってる。

という方は参考にしてみてください。

食事は毎日同じ時間に食べる

食事はできるだけ、同じ時間帯に食べるようにしてください。

食事の時間は毎日同じ時間帯に食べるようにすると、体が慣れてきて消化などがよりスムーズになります。

基本的には3食を毎回同じ時間帯に食べるようにしましょう。

特に決まった時間はありません。

人それぞれ部活や仕事などによって生活リズムは違うので、自分の中で一定のリズムを作るようにしましょう!

それでも例をあげるなら

22時に寝ると仮定して

  • 夕食 18時〜19時
  • 昼食 12時〜1時
  • 朝食 6時〜7時

が理想の食事の時間帯といえます。

夕食は寝る3時間前に済ませる

夕食の時間に関しては、寝る3時間前には食べ終わるようにすることが大切です。

この3時間前には深い理由があり、ここだけはダイエットに直結するため守ってほしいところです。

もし、寝る3時間以内に夕食やお菓子などを食べてしまうと、消化が寝るまでに終わらなくなってしまいます。

夕食が消化されエネルギーとして使えるようになるのには約3時間かかります。

消化が終わる前に寝てしまうと、次のようなデメリットがあります。

  • 夕食から生成されるエネルギーを体の修復に使えない
  • 夕食から生成されるエネルギーがそのまま脂肪になる
  • 消化が睡眠時に行われると睡眠の質が下がる
  • 消化が睡眠時に行われると睡眠中の修復の機能が十分できない

体を修復する働きが活発になるのは入眠後1時間後~2時間の間です。

つまり修復が活発な時間に夕食分のエネルギーを使うことができないのです。

夕食の役割は主に睡眠中に体を修復させるためのエネルギーを作り出すことです。

修復が活発な時間の後にエネルギーが生成されても、使い道がなく脂肪に貯蔵されるという悪循環になってしまいます。

また睡眠中に消化という仕事が残っていると睡眠の質も下がり体を修復する働きもおろそかになります。

すると体は、睡眠で元気になることができず、疲れや老廃物の溜まったままの体になります。

つまり、代謝の低い太りやすい体質になることを意味します。

そのため、夕食は寝る3時間前には済ませておいてください。

バランスの良い栄養素を

ダイエットをしていると、どうしてもカロリーに目が行きがちですが、本当に大切なのは栄養素です。

正直なところ、カロリー計算はほとんど意味がありません。

全く意味がないといわ言いませんが

栄養素>カロリーと思ってください。

一番やってはいけないのが、カロリーを少なく抑えようとして、食事で食べる品目を減らすことです。

これをやってしまうと、摂取できる栄養素が偏り不健康で太りやすい体質に変わってしまいます。

時々、朝はおにぎり1つや、パンだけでダイエットしたつもりになっている方がいますが、正直、太る体を作っていることに間違いはありません。

知識のないダイエットは、ほとんどの場合逆効果になります。

食事では糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維の栄養素をバランス良く食べることが重要です。

上記の栄養素はごはん、お肉、お魚、野菜、果物、海藻類などを食べるこで摂取できます。

これらの栄養素をきちんと食事で取れると、体の働きが良くなり、普段生活するだけで脂肪を燃焼し、体の成長を促します。

バランスの良い食事が痩せやすい体を作ると覚えてください。

そしてカロリーだけを考えた食事は短期的に痩せて長期的に太ることになるということも覚えておいてください。

食べる順番

食事を食べる際、食べる順番を工夫することで、摂取カロリーを少なく抑えることができます。

先ほどカロリーはあまりダイエットに関係ないという趣旨を話しましたが、カロリーが多いと少ないではやはり少ない方がダイエットには良いです。

基本的な食べる順番としては

野菜→お肉、魚→ごはん です。

この順番で食べることによって、血糖値の急上昇を抑えることができます。

この血糖値が急に上昇してしまうと、体に脂肪をため込みやすくなるのです。

そうならないためにも、食べる順番はとても大切になってきます。

どのくらい食べたら次に進んでいいの?

「野菜→お肉、魚→ご飯」と言われてもどれくらい食べたら次にいっていいのかわかりませんよね。

それに、ごはんだけ最後に残っても美味しく食べられませんよね。

結論から言うと、野菜とお肉お魚で4、5口くらい食べた後にご飯、いわゆる炭水化物を食べるようにしてください。

血糖値の急上昇は胃に何も消化するものがない時に炭水化物が入ってきて吸収された時に引き起こります。

一番初めに炭水化物(糖質)を食べると血糖値が一気に上昇してしまいます。血糖値が急に上昇すると太りやすくなるのでいきなり炭水化物をたべないように注意しましょう。

そのため先に血糖値が上がりにくい野菜やお肉、魚を胃に入れておき、炭水化物が入ってきた時に野菜とお肉で堤防を作っているようなイメージです。

野菜やお肉が吸収された後になら炭水化物が吸収されても血糖値が急上昇することはありません。

炭水化物が一番最初に胃に吸収されると一気に血糖値が上昇してしまうので、それを予防するために、食べる順番があるのです。

そのため、野菜やお肉を食べて胃に堤防を作るまでに人それぞれですがおおよそ4、5口食べた後から、炭水化物を食べるのがいいと言えます。

また堤防が作れたあとは、あまり食べる順番は意味がなくなるので、自分の好きなように美味しくいただいてください。

食事は楽しむものです。

まとめ

  • 基本的には3食を毎回同じ時間帯に食べるようにしましょう。

そして、夕食は寝る3時間前には済ませておくこと。

  • バランスよい食事が一番大事で、カロリーを気にする必要はない。

バランスの良い食事さえ取れていれば、自然と痩せていく。

  • 食事を食べる順番を心掛ける。

野菜→肉、魚→炭水化物の順番。特に炭水化物を食べるときは胃に堤防を作ってから。

この3つの食事のポイントを抑えることができれば、太ることはほぼほぼありません。

食事はダイエットの7割~8割を占めると私は考えています。

難しいことはありません。

自分の食生活をもう一度見直して、素敵なスタイルと素敵な食生活を送っていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA