そもそもどうやったら痩せるの?体の痩せる仕組みとそれを生かした痩せ方!

LINEで送る
Pocket

「ダイエットして可愛くなってやる!!」って思い立つことってありますよね。

女性の方なら一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

しかし、いざダイエットをしようと思うと「あれ、どうやったら痩せれるんだろ?」と考えてしまう方も多いと思います。

  • 「食事制限すれば痩せる」
  • 「運動すれば痩せる」

と言われていますが実際にどういう仕組みで痩せるか知っている人は少ないですよね。

今回はどうすればダイエットで痩せていけるのかを紹介していきます。

太るか痩せるかは簡単にわかる

私達は毎日エネルギーを消費して生きています。

エネルギーを消費しない人間は誰1人としていませんよね。

人間は食べ物などからエネルギーを摂取して、それを体の中でエネルギーに変えてそのエネルギーを消費して生きています。

このエネルギーが足らなければ痩せますし、余れば太ります。

ここが痩せる太るの最も単純な答えになります。

食べて摂取したエネルギーが体が消費したエネルギーより少なければ、その足りない分は体の脂肪を分解してエネルギーとして消費します。

つまり、その脂肪が消費された分痩せたと言えます。

逆に食べて摂取したエネルギーが体が消費したエネルギーより多ければ、余ったエネルギーは脂肪として体に蓄えられます。

つまり、余ったエネルギー分脂肪に蓄えられたと言えます。

これが私達が痩せるまたは太るのメカニズムです。

あなたの体重の増減の計算式

体重の増減の計算式は、

  • (1日で食べて摂取したエネルギーの総量)ー(1日で消費したエネルギーの総量)
  • マイナスならその分痩せます
  • プラスならその分の太ります
  • プラマイゼロなら体重に変化なしです

人間の体重の仕組みはだったこれだけです。

とても簡単ですよね?

私達の体は体重が常に変化していますが、意外にも計算式はこんなに簡単なんです。

もちろん飲んだ水分の量分の重さが増えたり、排便した分の重さが減ったりとその他の要因で体重が変化することもあります。

ですから全てが計算式通りというわけではありませんのでその点は知っておいて下さい。

どうすれば痩せれるか?

どうすれば痩せれるかというと、食べて摂取したエネルギーが体が消費したエネルギーより少なくして、足りない分を体の脂肪を分解してエネルギーとして消費させることです。

具体的なやり方としては

  1. 摂取カロリーを抑えて、消費カロリーの方が多くなるようにする
  2. 消費カロリーを上げて、摂取カロリーを超えるようにする
  3. 上の1と2を同時にやる
です。

1は食事制限などが例として挙げられるダイエット

2は運動などをして痩せるダイエット

3は食事制限と運動をして痩せるダイエット

などなどに分かれます。

1~3どれがいいということことではなく、自分が一番継続できやすい方法を選ぶようにしましょう。

まとめ

基本的なダイエットの計算式は

  • (1日で食べて摂取したエネルギーの総量)ー(1日で消費したエネルギーの総量)

です。

この式を頭に入れて、「今日はちょっと食べすぎちゃったかな?」とか「今日は食べたけどたくさん動いたからマイナスでしょ!」とか考えられるようになるとどんどん体重が落ちてくるようになりますよ。

ダイエットは「なんかいきなり体重が落ちた!!」ってことはありません。(ストレスで痩せることはあるらしいですが)

「体の仕組み通りに太り、また同じように仕組み通りに痩せます。」

仕組み通りと言っても急な激しい運動やキツイ食事制限などは継続が難しいのと、カラダに良くないので注意してください。

何事も行き過ぎはよくありません。

なので摂取したエネルギーの量と消費したエネルギーの量を考えながらダイエットしていけると自分が考えた通りに痩せることができますよ。

私もこの食べた量(摂取したエネルギーの量)と運動した量(消費したエネルギーの量)を考えたりしながら生活しています。

あなたも、今から少し意識しながら生活してみてくださいね。

きっと素敵な未来があなたを待っています。

ダイエット頑張っていきましょう!

LINEで送る
Pocket