受講者の87%が簡単に実践できたダイエットで成功する人が抑えている5つ食事のポイント

スポンサーリンク

食事制限をする人の90%以上は、ダイエットしているのに逆に体重が増えて太るという結果が出ています。

あなたは、そのことを知っていましたか?知らないで食事制限を始めたなら、気を付けてください。

知識なしの食事制限はリバウントの可能性100%です。今回は、ダイエットに成功できる人が必ず抑えている食事のポイントを紹介します。

この記事を読んでこの5つがちゃんと抑えらているか、確認してみてください。これができていなければ、ダイエットは成功できません。

逆を言えば、この5つができていれば、ダイエットにはほぼ成功できます。

食事がしっかりしていれば、ほとんど太ることはないですし、太っていても徐々に痩せていきます。

その先には、好きな人があなたを異性として意識するようになり、相手から急にデートに誘われて映画を見に行ったり、「ディズニーランド2人で行こう」と言われることに繋がっています。

太っていては、まず誘われるものも誘われません。正しい知識があればダイエットは成功できます。

では誰でも簡単に実践できるダイエットで成功する人が抑えている5つ食事のポイントを紹介してきます。

1. 夕食の時間帯を正しく理解している

fcfg100115600_tp_v

ダイエットで最も注意する食事は夕食になります。夕食の取り方のよって、痩せるか太るかが決まっていると言えます。

そしてその一番重要なのが、夕食の食べ終わる時間になります。夕食の食べ終わりの理想の時間は就寝の3~4時間前です。

1-1 消化には3~4時間かかる

0i9a5027isumi_tp_v

人間が消化するのには3~4時間の時間がかかります。そしてその間に睡眠に入ってしまうと、睡眠の質を低下させて体の再生、成長させる働きを邪魔してしまいます。

また遅れて睡眠中に消化してできたエネルギーはま消費することができず脂肪に変わります。

1-2 22時までに寝れないと不健康になる(太る)

tsuruno9_tp_v

人間はほんらい22時には寝ていないと健康的になれないようにできています。理由はホルモンの分泌が一番活発になる時間が22時~2時の間であるからです。

その時間を逃すと、睡眠の価値は一気に下がります。つまりダイエットして細身の体になりたいのならば、22時にまでに寝なければいけないと言うことです。

1-3 19時までに夕食を済ませる

n825_ohirunojikan_tp_v

22時のだいたい3時間前には、食事を済ませないと消化が間に合わないので、結論を言うと19時までに夕食を済ませておく必要があると言えます。

ちなみに、これはダイエットの成功者がほとんど意識している事であり、どうしても19時より食べるのが遅れる場合は消化の良いもの(早く消化できる)を食べるようにしたり、消化に悪いものは食べないようにしたり工夫をしています。

まずは夕食を19時までに食べるようにしましょう。それがちゃんと痩せるダイエットの1歩になります。

2. 食べる順番を意識している

26nj_retuwotukuruahirucyan_tp_v

食事を食べるときに食べる順番を意識することで、摂取カロリーが変わってきます。同じものを食べてもカロリーが変わってくるのです。

摂取カロリーは多いと太り、摂取カロリーが少ないとと痩せます。そのため、できる限りカロリーは少なくした方が良いのです。(少なすぎは良くありません)

食べる順番の知識は大体の方が知られているので、きっとあなたも知っていると思いますが、正しいく実践できている人は案外少ないです。

2-1 カロリーの少なく済ませる食べる順番

sawa_hotsarada_tp_v

食べる順番

お味噌汁→野菜→魚→肉→炭水化物

これが、基本的な食べる順番です。この順番で食べることができれば、血糖値の上昇が緩やかに上がり、摂取カロリーが一番少なくて済みます。

しかし、この食べ方には欠点があります。美味しく食べれないですよね?できたら、自分の好きな順番で食べたいですよね?

おそらく、この順番を守ろうとすると美味しく食べることができないため、実践する方は少ないのです。

2-2 順番をすべて守る必要はない

yuka863_ok15185909_tp_v

この順番、実はすべてきっちり守る必要はありません。ポイントは血糖値の上昇を緩やかに上げることにあります。

順番の最後の方である肉や炭水化物から食べ始めると、食べた瞬間から血糖値が上昇し、摂取カロリーが増えてしまうのでいけません。

逆を言えば、最初に味噌汁と野菜を食べることが重要なのです。この2種類を先に食べるだけで血糖値の上昇は緩やかになり、摂取カロリーを抑えられます。

味噌汁と野菜もいきなり、全て食べる必要はありません。どちらも一口程度、食べることができれば、あとは順番は不順で食べて平気なのです。

味噌汁と野菜を食べた後は、自分の食べたいものを食べるようにしましょう。この方法なら継続できる方は多いはずです。

2-3 「ちりも積もれば山となる」方式で考える

tsjk100_pockytaberu20150208143421_tp_v

食事は毎日、1日3回あります。1回の食事で体重が減ることはありませんが、3食食べれば、夕食後のチョコレートを食べるくらいのカロリーを浮かすことができます。

これを毎日継続できれば、1年で脂肪として計算すると5㎏~10㎏適度の減量ができる計算になります。

1年後が楽しみですね。食べる順番を癖にしてどんどん痩せていきましょう。

3. カロリーより栄養素のバランスを大切にしている

sawa_saikyouteisyoku_tp_v-1

結論から言うと、栄養素の方がカロリーより重要です。カロリー計算をする必要はないです。それよりもバランスのとれた食事を心がけましょう。理想は和食!!

その理由を説明していきます。

3-1 一般的な食事のダイエットはカロリーを気にする

saya0i9a4209072170656_tp_v

一般的な食事ダイエットでは、カロリー計算によりダイエットをするという方法が一般的とされています。そして、その一番ベターな方法として食事制限があります。

1日800カロリー以下と決めて、朝にチョコレートとホットミルク、昼に菓子パンとお菓子2つ、夜に春雨スープこれで計660カロリー。こんなダイエットをしている方がいるのです。

この方法は間違いなく、リバウンドしますよね。まず不健康です。こういった方法でダイエットする人は短期的に痩せ、長期的に太ります。

3-2 バランスのよく栄養をとることが大事

fcfg100134756_tp_v

ダイエットで食事をするときに一番気を付けなければならないのは、「カロリーより栄養素」です。これは絶対に間違わないようにしてください。

そして、栄養素をバランスよくとろうとすれば自然と、野菜、魚、ごはん、お味噌汁、その他いろいろがそろうようになります。まず、食事に菓子パンやチョコが入ることはありません。

栄養素がしっかり満たされれば、その栄養を元に体の機能が最大限に働き、体の消費エネルギーを増やして、健康的になりどんどん脂肪を燃やしてくれます。

そのため、自然と痩せていく体になります。健康的な体とは痩せやすい体と言えます。

逆にカロリーだけに意識が行くと栄養素が偏り、血液がドロドロになり老廃物が体に溜まりやすくなったり、代謝が下がり太りやすくなっていくのです。

3-3 バランスのよい食事を意識してください

pasonaz160306230i9a1809_tp_v

ダイエットに成功する人は、食事をとても気を付けています。「自分の食べたもので自分の体が作られている」ことをしっかり自覚しているからです。

バランスの良い食事を心掛けてください。かつての日本の食事を見習いと良いです。

世界では和食が人気を集めています。理由はヘルシーで体に良く、美味しいと評判だからです。昔の日本は太っている人は全体の1パーセントにも満たなかったそうです。

できるなら和食をイメージしながら、食卓を並べてみましょう。ごはん、味噌汁、お魚、主菜、副菜、煮ものなどなど。あなたの体を必ず細くしてくれます。

野菜、魚、ごはん、お味噌汁その他たくさんの食べ物を食べて育った体と、春雨やこんにゃくやお菓子やパンで育った体どちらがいいですか?

4. 食事に必ず味噌汁をつける

lok_gohantomisoshiru_tp_v

お味噌汁を毎食つけましょう。これは、私が特におススメしているダイエットの1つで間違いなく痩せるとても素敵な方法です。

実際にこの方法を試してもらった方からも、好評で支持されています。この方法の良い点は3つあります。

4-1 味噌は日本人専用ダイエット食品

kawamura20160818203014_tp_v

味噌を毎回食べることになるからです。味噌は腸内環境を整える効果を持ってお通じなどを良くし毒素を体の外に出す効果があります。

また日本人の消化器官に適していて、日本人に合った食べ物と言えます。他にも脂肪を燃焼する効果と脂肪をつきにくくする働きがあります。

4-2 味噌汁の具は現代人の不足栄養素を補う

fcfg100120841_tp_v

 

私たちはとても偏った食生活をしています。特に食物繊維やミネラル、鉄分となどの、野菜や海藻類から摂取する栄養素が不足しています。

もちろんとりすぎているのは、脂質や糖質などです。

この偏りは、食の欧米化により和食からハンバーグやパンやパスタなど洋食に変わってきて以降、日本で出てきた現象です。

簡単に言ってしまえば、「マックやファミレスで肉や油を食べで、野菜や海藻類を食べなくなったので、デブが増えた」ということです。

そこでです。お味噌汁が大活躍してくれます。お味噌汁の具は大根やレタスやニンジンや玉ねぎなどの野菜やワカメなどの海藻類がほとんどです。

そのため、私達が一番不足していて一番必要な栄養素が味噌汁という1品で摂れるというお得の福袋的な存在と言えます。

野菜、海藻類、味噌はそれぞれ体を痩せやすくする効果を持っています。

ですので、味噌汁に野菜や海藻類をたくさん入れて、毎食食べるようにしましょう。

4-3 満腹効果で食べる量を減らす

ai_img_7760_tp_v

味噌汁を最初に食べることによって、すぐにお腹一杯になります。味噌汁をの飲むで水分補給をすることができ、消化しやすくなります。

そして、水分は胃で膨れるため、お腹がすぐいっぱいに感じるようになります。そのため、普段より食事の食べる量を減らすことができるのです。

そのため食べ過ぎを防ぎ、満足して食べたつもりでも実際には腹八分目程度で抑えることができるのです。

お味噌汁の量を少し多めにすることでさらに、食事の量を減らすこともできます。

味噌汁の具は基本的に野菜や海藻類なため、たくさん食べても太りませんし体にはとても良いです。味噌汁をどんどん食べてどんどん痩せましょう。

5. 食事の時間を毎回決まった時間に食べる

pp_clock_tp_v

食事の時間を毎回、同じ時間に食べるようにしてください。

そうすることによって体がその時間になると消化の準備を始めるようになります。

朝食は7~8時、朝食が12~13時、夕食が18~19時に食べるのが理想的です。

5-1 お昼にお腹が空くのは習慣によるもの

saya151005438382_tp_v

お昼近くになると、お腹が空くと思います。あれはいつも同じ時間に昼食とっているからお昼の時間が近づくと、お腹がへるように体がなってきたのです。

人間の機能に元々、お昼にお腹が空くというものはありません。毎日の習慣によってできた機能と言えます。

そして、このお腹が空いて体が食べ物を欲している状態で、食事をとることがとてもダイエットに効果的になります。

理由は身体が消化の準備をしているため、消化が良くできすぐにエネルギーとして取り入れることができるからです。

すぐにエネルギーになれば体内で消費され、脂肪として溜まることもありません。

5-2 不規則な生活は太る

imaric20160805310323_tp_v

生活が不規則な方にはやはり太っている方が多です。特に食事が不規則だと、体がいつ食べ物が入ってくるかわからないため準備できません。

そのため、食べ物が体の中に入ってきてから体が消化する状態になるため、効率がどうしても落ちてしまうのです。

そのため消化の質が悪く、また時間もかかり脂肪に溜め込まれやすくなります。

毎日規則正しい生活をしている方に太っている方は少ないです。

それは体がそのリズムに慣れ、そのリズム通りに生活することによって消化やそのほかの働きを効率よく行えているからです。

5. ダイエットで成功する人が抑えている5つ食事のポイント

kawamura20160818235914_tp_v-1
  1. 夕食の時間帯を理解していること

  2. 食べる順番を意識すること

  3. カロリーより栄養素を意識すること

  4. 毎食お味噌汁を食べること

  5. 食事を毎回決まった時間に食べること

この5つが正しくできていれば、ダイエットは成功することができます。

この食事の方法はとても簡単で苦しくなく、楽に継続できる人間の体に適したダイエット方法と言えます。

この方法を使えばノーリスクでダイエットに成功して、細身で健康的な体を手に入れることができます。

実際には、仕事の帰りが遅かったり、友達との付き合いであったり、テスト勉強であったりとたくさんの課題があり、実際にこの5つをすべてできる方はすくないと思います。

そういう方はできることをやればいいのです。食事の時間帯がどうしても無理ならそれは仕方がないのです。

それなら食事の時間帯が遅れた中で、一番早く食べれるようにすればいいのです。できる範囲で理想に近づけることが重要です。

夜23時に食べより、22時に食べた方が健康的です。食事の時間帯が無理でも、お味噌汁や食べる順番ならできるはずです。

全てを完璧にやるのではなく、できることをできるだけやることが大事です。完璧主義は失敗します。最善主義で頑張りましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA