最短距離で痩せる!自分の脂肪の種類を知り効果的にダイエット!

スポンサーリンク

脂肪というと、お腹や太ももに着いた憎き贅肉を想像しますよね。

脂肪には意外にも2つの種類があることをあなたは知っていましたか?

今回はその脂肪の種類とその脂肪別の効果的なダイエット方法を紹介していきたいと思います。

脂肪の種類が違うと効果的なダイエット方法も異なってくるのです!

この記事を読んで一番効果的な方法を選んで効率的に痩せましょう。

皮下脂肪とは?

皮下脂肪とは、全身に分布している文字通り皮膚の真下にある脂肪です。

役割としては外部からの衝撃から内臓を守ったり、体温保持や飢餓状態になった時のためのエネルギーなどです。

皮下脂肪は女性につきやすく、体型に大きな変化を与えますが疾病のリスクは低いと言われています。

そして減らしにくい脂肪と言えます。

内臓脂肪とは?

内臓脂肪とは主に腹部の腸のあたりにたまる体脂肪のことを言います。

臓器を支えて定位置に固定する役割、また飢餓状態の時のエネルギーとしての役割があります。

男性につきやすく、過度に脂肪がつくと疾病のリスクが高い脂肪です。

内臓脂肪は減らしやすい脂肪と言えます。

皮下脂肪と内臓脂肪の見分け方

皮下脂肪が多い方

皮下脂肪はそのままの通り、皮膚の真下にある脂肪で誰もが知っている脂肪です。

私達が普段つまんで、このお肉どうにかならないかな?と考えいている脂肪はすべて皮下脂肪です。

洋ナシ体型の人は皮下脂肪が多いタイプです。

内臓脂肪が多い方

内臓脂肪はりんご型と言われる体型になりやすく、元々の体が太いような脂肪のつき型です。

内臓脂肪は体の内側にあり、臓器の回りについている脂肪であるため直接触れることはできません。

体が元から太いかも・・・と感じる人は内臓脂肪が多いタイプかもしれません。

リンゴ型体型の人は内臓脂肪が多いタイプです。

脂肪の種類別撃退法

皮下脂肪と内臓脂肪では脂肪を落とすために効果がある方法が違ってきます。

そのため、自分がどちらが多くついているかを考えてより効率的にやせる方法を選びましょう。

皮下脂肪に効果的な方法

皮下脂肪は減らしにくい脂肪と言われています。

理由は単純で、体の最も外側(皮膚を除いて)あるため、脂肪の燃焼率が悪いからです。

皮下脂肪の燃焼率を上げるためには、皮下脂肪の近くにある血管の血液の流れを促進させる必要があります。

そのため、マッサージが最も有効的な方法になります。

皮下脂肪の近くの血管は毛細血管である場合がほとんどでつまりやすく血液の流れが滞りがちです。

そこにマッサージをすることによって、細胞や血管を刺激し活動を活発にさせることによって血液の流れを良くすることができます。

特にマッサージした後に軽めの運動をすることによってさらに飛躍的にダイエット効果が高まります。

皮下脂肪が多い方は脂肪がついている部位を心臓から遠い部分から指圧でお肉をほぐしていくように押していってください。

細胞をほぐし、更に周りの血管を刺激し、活動を活発にするようなイメージです。

そうすれば、落ちにくい脂肪の燃焼率が良くなり痩せていきます。

内臓脂肪に効果的な方法

内臓脂肪は体の中心にあるため、血の流れが活発なことから痩せやすい脂肪と言われています。

最も良い方法としては、カロリー消費する運動することです。

具体的な例としては、ウォーキングなどの有酸素運動ですね。

とても単純ですが、燃焼しやすい脂肪であればエネルギーを消費することに力を入れれば簡単に痩せることができます。

また運動だけでなく、食生活にも気をつければ脂肪が溜まらないように予防することもできます。

内臓脂肪の場合は落ちやすい脂肪のため、マッサージやエステなどよりも運動などでエネルギーを消費するダイエットが効果的です。

まとめ

  1. 皮下脂肪脂肪はマッサージで皮下脂肪とその周りの血管を刺激して、燃焼させやすくする。その後、ウォーキングなどでほぐした脂肪を燃焼させるのがより効果的。
  2. 内臓脂肪は減らしやすいため、活動量(運動量)を増やして痩せていくように心がけると効率的に痩せることができる。

もちろん人間には皮下脂肪も内臓脂肪もどちらもあります。片方しかない人間はいません。

ですからどの方法を使っても、一定のダイエット効果は得られます。

しかしできたら効率よく、短期間で早く痩せたいですよね?

そのために、より効果的に痩せられるダエイット方法を紹介しました。

無理なくダイエット頑張っていきましょうね(^^)

 

何かダイエットについて質問やお悩みがある方は下記のリンクからご連絡ください。

感想なども待ってます!(@^^)/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA