私が足痩せのため実践して効果があると感じた簡単エクササイズ

スポンサーリンク

足を細くする。それは女性の永遠の課題ですよね。

そんな悩みを解決するために今回は足痩せピッタリなエクササイズを紹介します。

この方法は、私がたくさんの足痩せのエクササイズを試した中で

「効果が実感できたもの+どこでも簡単にできる方法」をセレクトして紹介します。

1.屈伸をする

 

屈伸は脚痩せの基本動作になります。

私たちの脚は機能の低下した細胞や老廃物などが溜まり、それが脂肪として固まっているせいで太くなっています。

そのため、その現状を打破しなけれがいけません。

打破するためには「血液の流れを良くすること」と「機能の低下した細胞に刺激を与えること」です。

屈伸はそのどちらも効果を持っている優秀なエクササイズです。

特に太ももにある筋肉は第2の心臓と呼ばれる体で一番大きな筋肉になります。

それを屈伸によって伸縮させることにより、血液の流れを一気によくすることができます。

1-2.屈伸のやるベストタイミング

いつでもやってほしい屈伸ですが、より効果的にできるタイミングを紹介します。

1-2-1.長時間同じ姿勢で動かなかったとき

00_pp27_pp_tp_v

長時間同じ姿勢でいたタイミングで屈伸してください。

長いあいだ立っていたり、座っていたりすると血流は悪くなり、老廃物も溜まります。

そのまま放置していると、溜まったものが脂肪として付いてしまうので、屈伸をするなどして血流を良くして対策しましょう。

1-2-2.夜

kaz95_skytree_tp_v

夜は日中とは違い、動く機会がとても少なくなります。

人間は動くことで、血液を正常に循環させています。

心臓の鼓動だけでは血液を循環させるには不順分なのです。

そのため、動く機会が少ない夜に時々屈伸をすることによって血液の流れの良さを保つことができます。

また寝る直前にもやるとより効果的です。

寝ている間は、体をあまり動かないため寝る前に一度血流を良くしておくといいでしょう。

1-2-3.朝

20130427-p4270358_tp_v

睡眠から起きたばかりの体は、血液の流れを悪く、体に老廃物が溜まっています。

そのため屈伸をすることで、それらを改善することができます。

朝屈伸をすることで、血液が脳にも行き届き眠気を解消してくれる効果もあります。

1-3.屈伸をする際のポイント

  • 最初はゆっくり行う
  • 5回以上やるようにする
  • 膝が痛くならないように軽く足を動かしてからやる

2.マッサージをする

マッサージは主に固まってしまった脂肪をほぐして血流を良くし、脂肪を分解しやすくする効果があります。

また老廃物を溜まらないようにして、脚が太くなるのを抑制してくれます。

基本的に仕事の休憩中や学校の休み時間の時は、かるく足を摩りながら揉んであげる程度で十分です。

家に帰った時は、お風呂上りなどに10分程度、ちゃんとマッサージの時間を取って行うとより効果的です。

2-1.脚痩せマッサージの方法

 

omg151018220i9a2405_tp_v

基本的に「脚の先→ふくろはぎ→太もも→体」の順番に行います。

イメージとしては、固まった肉をほぐすことと、脚に今ある血液を体の中心(胴体)に戻してあげる感じです。

指圧は筋肉などを傷めてしまう可能性があるので、手のひらを使って押しながら摩っていくようにしましょう。

これを1ヶ月継続すると脚の細さが見た目に出るほど変わってきます。

2-2.マッサージをする際のポイント

  • 強くやりすぎない
  • 血液を流すことを意識する
  • 硬い肉をほぐすようにする

3.足痩せのための簡単エクササイズ

mimiyako85_namitosunahama20140726_tp_v

屈伸とマッサージは足痩せをするために必須です。

また今回は省きましたが、屈伸の後に伸脚とアキレス腱もやるとより足が細くなりやすいです。

簡単にできる方法なので取り入れてほしいです。

私自身もこの方法はずっと継続していますし、効果を体感できています。

簡単なものを馬鹿にしないで毎日続けることがダイエットに一番大切なことです。

ダイエット頑張て行きましょう。

ダイエットは誰でも成功できるものです。

できるだけ無駄な努力をしないために、正しい知識を身に付けて実践しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA