運動しよーって思った時に効果をUPさせる2コツ

スポンサーリンク

美意識の高い方なら「たまには体動かそうかな?」って思うことありますよね。

または自分で動かさなくても

  • 「今日は授業に体育がある」
  • 「今日の仕事は外回りだ」
と体を動かす機会は意外とあります。

そんな時、できたらたくさん脂肪を燃焼したいですよね?

今回は体をたくさん動かすときに、簡単に脂肪の燃焼率をアップさせる方法を2つ紹介します。

コーヒーを飲む

運動をする15分くらい前にコーヒーを飲むだけで、消費エネルギーが増えます!

これはコーヒーに含まれるカフェインが脂肪を分解して血液中にエネルギーとして流す効果があるからです。

カフェインは脂肪を分解して血液中にエネルギー(脂肪)流す働きをしますが、運動しなければ消費されずまた脂肪として身体に蓄積されてしまいます。

コーヒーはブラックを想定しています。砂糖などを入れてしまうとカフェインは入っているので脂肪の燃焼率は高まりますが、同時に太る元である糖分も摂取してしまうのであまりダイエット効果がなくなってしまいます。

コーヒーを飲むだけで燃焼率がUPするので、飲まない手はありません!

私も運動するときやたくさん歩く前にコーヒーを飲むようにしています。

この文章ではコーヒーを例にしていますが、緑茶にもカフェインが含まれているため、コーヒーが苦手な方は緑茶を飲むと良いです。

付け根から動かすよう意識する

私達は自分が思っているほど身体を使いこなせていません。

そして身体を使いこなす第一歩が付け根から動かすことを意識することです。

例えば歩くとしたらいつもどおり歩くのではなく、脚の付け根から動かして歩くことを意識するようにして下さい。

それだけでも、自然と大股になり早く歩けるようになります。

また腕の振りなども手を振るというよりは肩から動くようなイメージをすると良いでしょう。

これだけでも、普段使われていなかった筋肉や眠っていた細胞が使われ消費エネルギーがアップします。

また身体をほぐす効果もあるので、動かしていない場所を刺激するとこはとても重要なんです。

こんな簡単なことでも継続すると脚の付け根がしゅっとなったりしますよ!

まとめ

  1. 身体を動かす15分前にコーヒーを飲む
  2. 身体を動かすとき各部位の付け根から動かすことを意識する。
もし普段の生活の中でいつもより運動したり体を動かす機会がある場合には、ぜひこの2つのコツを使って脂肪をたくさん燃焼して少ない努力で痩せていきましょう。

小さなことをコツコツとやると時間はかかっても必ず大きな結果がでます。

ダイエット頑張りましょう!

スポンサーリンク