1ヶ月で3㎏痩せた、ホルモンの力で自動的に痩せる睡眠方法

スポンサーリンク

「効率的な睡眠をすれば、何もしなくても1ヶ月で3kg痩せると言ったらどう思いますか?」

 

私たちの睡眠時間は平均6時間~7時間あります。人生の3分1から4分の1を寝て過ごしていると言えます。

 

この時間をもし、ダイエットの時間に変えることができたらとても素敵ですよね。

 

「無理、そんなのあるはずない。」

 

そう思う方がほとんでしょう・・・ですが

 

「そんな方法ありますよ。」

 

どういう方法かと言うと睡眠中に分泌される「ホルモン」の効果を最大限に活用することによって痩せることができます。

 

現代人は睡眠を正しくとれている方がほとんどいません。

 

そのため、「ホルモン」の効果を生かせている人はほとんどいないのです。

 

睡眠の方法を勉強し、痩せホルモンを生かす睡眠方法を実践するだけで、1ヶ月で3キロ痩せる方は以外にも多です。

 

今回はこの当たり前だけれども、ほとんどの人ができていないダイエット効果のある睡眠方法を紹介します。

 

アイルでは特に「健康的に痩せてる」ことを大切にしています。

 

この睡眠は健康に外せない項目ですので、よく頭に入れておいてください。

本当に睡眠だけで痩せることができるのか?

 

私たちの体は寝ている時に作られています。

 

痩せるのも

太るのも

背が伸びるのも

バストアップも

スタイルも

全ては寝ている時に成長しています。

 

つまり睡眠の時間を大切することが、最高の自分になれることに他なりません。

睡眠をおろそかするということは、美容効果、ダイエット効果を自分から捨てていることになります。

 

そのため、睡眠はできる限り大切にしていくべきです。

 

そして結論から言うと、今まで良い睡眠をとれていなかった人が、良い睡眠をとるようになれば、痩せていきます。

 

ですので睡眠の大切さを理解して、今日から理想の睡眠をとりましょう!

 

そして周りの友達と「女子として」大きな差を生む第一歩を踏み出すのです!!!

 

理想的な睡眠の効果

hira15123158_tp_v

まずは睡眠がどうダイエットに影響するのかをお伝えします。

 

よい睡眠を取ることができれば、健康的で発育の良いからだになるため

 

  • 肌が綺麗になりきめ細かになる
  • 胸も発育がよくなるため大きくなる
  • 代謝が良くなるため脂肪が溜まりにくくなる
  • 余分な脂肪が無くなり細身でスタイルが良い体型になる

 

になっていきます。

低質な睡眠だと・・・

現代人の睡眠は、とても悲惨な状態であるということをまずは知ってください。

 

10点満点で2~3点と言えるくらい低質です。

 

睡眠で痩せるどころか、睡眠で太る人が続出してしまっています。

 

低質な睡眠は、体を不健康にさせるため、肌の調子が悪くなり、ニキビや吹き出物が多くなります。

 

また発育も不十分になり、バストなども大きくなりません。スタイルも崩れてしまいます。

 

睡眠中の体の再生が不十分だと体全体の機能も低下し、老廃物などが溜まり脂肪のついた醜い体になってしまいます。

 

睡眠は体の機能の全てに直結しています。

 

オールした次の日のだるさを思い出せば分かると思いますが、睡眠が上手くできていないと体の機能はかなり低下します。

 

誰からも羨ましがれる体を目指すためにも、異性からモテるためにも、そしてなにより健康であるために良質な睡眠をとるべきです。

良い睡眠の痩せるパターン

kmimg_9360_tp_v

良質な睡眠の痩せるパターン

 

良質な睡眠により、体を再生したり発達させたりする働きが活発になる

↓↓

たくさんのエネルギーが必要になる

↓↓

寝ている間に、外部から栄養を摂取ることはできないため、体内のエネルギーを大量に使い、体を再生成長させる。

↓↓

夕食で得たエネルギーはもちろん、足りなければ体の脂肪を分解してエネルギーに変えるため、寝ていてもダイエットしている状態になる。

↓↓

次の日、完璧に再生しさらに成長した体は新陳代謝が高く、どんどエネルギーを消費し、脂肪を燃焼していく体質になる。

↓↓

これの繰り返し

良質な睡眠はどんどん良い循環へとあなたの体を導いてくれます。

体の働きが高まり何もしていなくても前の状態よりも痩せやすくなるのです。

悪い睡眠のパターン

悪い睡眠の太るパターン

 

睡眠が上手くいかなかったため、「体を再生する働き」「成長させる働き」などが十分に活動できない

↓↓

再生の活動が十分できなかったため、夕食で得たエネルギーをほとんど使うことができない。

↓↓

使われないエネルギーは脂肪として、体に蓄積される

↓↓

また体が再生されていないため、普段よりも体の機能が低下していて新陳代謝が低くなり、日中の消費エネルギーも低くなる

↓↓

太りやすい体質になる

↓↓

これの繰り返し

低質な睡眠はあなたの体を不健康で、太りやすい体質に変えていきます。

可愛くなりたいなら、睡眠は必須です。

2.睡眠中に出るダイエット効果のあるホルモン

saya0i9a4189072170014_tp_v

睡眠中はダイエットに効果的なホルモンがたくさん分泌されたり、または質の高い睡眠をとることで、分泌する量が増えたりします。

 

ダイエットに関わらず、私たちの体が動ける状態にあるのは、毎日の睡眠中に体を成長させたり、再生させたりしているからです。

 

睡眠が上手くとれなければ、体を再生させるホルモンなどが分泌されず、どんどん不健康で太りやすい体になってしまいます。

 

睡眠中に出るホルモン

p8050009_tp_v

ここでは睡眠中に分泌されるホルモンや、睡眠をすることによって活発になるのホルモンの働きと種類を知っておきましょう。

 

興味の無い方は成長ホルモンの説明以外、読み飛ばしてもらって結構です。

 

睡眠中に働いているホルモンを知ることで、寝るという行動が、ダイエットや健康に繋がっていると考えらえるようになると、自然に質の高い睡眠をとることを意識できるようになります。

成長ホルモン

成長ホルモンは私たちの体を形成していく、一番大事なホルモンと言えます。

 

そしてダイエット、美容においても一番大切なホルモンです。このホルモンが大量に分泌できるように心がけましょう。

 

脂肪を燃焼する効果がる

成長ホルモンは脂肪を燃焼する働きがあります。通常、脂肪を燃焼するためには運動などのエネルギーを消費するための「行動」を起こさないといけないのですが、成長ホルモン睡眠中に分泌されるだけで、脂肪を燃焼します。

 

消費カロリーを増やす効果がる

成長ホルモンが働くことによって、筋肉を増やしたり、細胞を新しくしたりします。つまり体の新陳代謝を上げる働きをします。簡単に言えば、何もしていなくても生活しているだけでカロリーをたくさん消費するようになります。カロリーがたくさん消費されれば自然と脂肪が燃焼されやすくなり、痩せや安い体質になっていきます。

 

バストアップ効果がる

成長ホルモンには胸を大きくする働きがあります。これは胸を大きくさせる「ラにクトゲン受容体」に成長ホルモンが反応するからとされています。また胸を大きくさせる栄養素を体に効率よく吸収させるためにも、成長ホルモンの働きが必要になってきます。

レプチン

レプチンは食事の際に、脳の視床下部に満腹サインを出すことによってお腹が一杯になったと知らせてくれる働きをします。

 

良質な睡眠をとることによって、このレプチンの働きが活発になるため、食事の際に早めに満腹を感じれるようになり、いつもより少量の食事でもお腹いっぱいに感じるようになります。

 

そのため食欲の抑制と食べ過ぎ予防になります。

 

またレプチンには、交感神経の活動を盛んにしてエネルギーを燃焼するように肝臓や筋肉に指令を出す働きがあります。

 

つまりレプチンには、「食欲を抑制する働きとエネルギーの消費を増加させる働き」の2つがあるということです。ですのでダイエットに必須のホルモンです。

グレリン

グレリンは食欲を増加させる働きがあります。イメージとしては、レプチンと対になっていると考えてください。

 

グレリンは私たちの食欲を司っているため、バランスを取ることが重要になります。低質な睡眠や睡眠不足に陥ると、グレリンの分泌が増加するようになっています。

 

グレリンが増加すると食欲が止まらず、太りやすくなってしまいます。グレリンの分泌は良質な睡眠をとることによって、丁度いいように調整されているからです。

 

ですので、良質な睡眠がとれるように心掛けていきましょう。

 

成長ホルモンが大量に分泌するゴールデンタイムとは

n825_ohirunojikan_tp_v

ゴールデンタイムに睡眠がとれているかどうかで、ダイエットに成功できるかが決まります。

 

この時間に寝れれば自然と痩せていく体質にまります。

 

逆に、この時間帯に寝れなければどんどん太りやすい体質になっていきます。ダイエットに成功したいなら、ここは押さえてください。

ゴールデンタイムとは

「ゴールデンタイムとは22時~2時までの時間帯を指しています。」

 

この時間に睡眠をしてると、成長ホルモンが最も活発に活動するため、美肌効果、ダイエット効果、疲労回復、バストアップ効果その他にもたくさんの効果が得られるため、 ゴールデンタイムと呼ばれています。

 

簡単に言えば、この時間だけは絶対に寝てほしい時間帯です!ここで寝た分綺麗になり、逃した分ブスになると考えて頂ければいいです。

(乱暴な発言をお許しください。)

 

この時間に寝ることができなければ、睡眠中に夕食のエネルギーを消費できる機会を失くしてしまうため(成長ホルモンが活動することにより、エネルギーを消費する。)脂肪として体に蓄積されてしまいます。

 

また次の日も、成長ホルモンによる体の再生が十分にできていないため、血流が悪く老廃物が体に溜まりやすくなり、また脂肪がつきやすくなるなどのデメリットがあります。

ゴールデンタイムを逃すとデブへの連鎖が生まれる

現代人の約8割は睡眠に失敗しています。

 

失敗の理由はたくさんありますが、単純に22時(ゴールデンタイム)までに寝れていないのが原因です。

 

22時に寝ないということは、不健康で太る体質を自分で作っていると言えます。体の機能が落ちることにより、太りやすい体質になっていることが主な理由です。

 

また22時に寝れない場合、「夜食を食べる」「お菓子を食べる」「間食をする」確率がかなり増加します。

 

夜は食欲が増加しやすいことが、体の仕組みで分かっています。

 

ただでさえ、太りやすい生活をしているのに、22時以降に何かを食べたら、そのエネルギーは燃焼されず脂肪となり、さらに睡眠時の体の再生を邪魔してしまうため(睡眠の時間に消化をすると、体を再生する機能が低下する)さらに代謝の悪い太りやすい体質になっていきます。

 

夜は食欲が出やすいため、夜に何かを食べてしまわない為にも、22時までに寝るべきです。22時までに寝れるかどうかが、あなたが痩せるか太るかを決めていると考えてください。

適切な睡眠時間を知ろう

pak105215959_tp_v

では、具体的に適切な睡眠の時間帯は何時から何時が理想なのでしょうか?それをこれから話していきます。

 

適切な睡眠時間は、年齢によっても多少差があります。

 

大人なら6時~8時間、高校生以下は7~9時間くらいが睡眠時間の目安となります。

ノンレム睡眠レム睡眠

anjyu160211268895_tp_v

理想的な睡眠のために、ノンレム睡眠とレム睡眠の知識についても紹介します。

 

人間は睡眠中、2種類の睡眠があります。それがノンレム睡眠とレム睡眠です。この2種類を交互に繰り返して私たちは眠っています。

 

1周期(ノンレム睡眠とレム睡眠を足した時間)で1時間30分かかります。そしてそれぞれの睡眠で得られる効果が違います。

ノンレム睡眠

ノンレム睡眠の特徴

  • 入眠後、5~20分でノンレム睡眠に突入します。
  • ノンレム睡眠の時間は1時間10~20分程度。
  • 深い眠りと言われていて、脳も体も休んでいる状態。
  • 体を支える筋肉は働いている。
  • ホルモンの分泌が増加する。
  • ストレスなどを除去する。
  • ノンレム睡眠は、深い眠りのため、脳が休んでいる状態である。この状態で起きると、脳を起こすのに時間がかかり、眠くてなかなか起きられない状態になる。

このノンレム睡眠をゴールデンタイムと一致させることで、最も多くのホルモンを分泌させることができます。

 

これができれば、通常の睡眠の3~4倍の美容効果を得ると考えてください。

レム睡眠

レム睡眠の特徴

  • ノンレム睡眠の後にレム睡眠がきます。初めてのレム睡眠が来るのは約1時間30分後くらい(寝るまでの時間5~20分+ノンレム睡眠の1時間10~20分)
  • レム睡眠の時間は10分~20分程度。
  • 浅い眠りと言われていて、脳が活発に活動し記憶を定着させている時間。
  • この時脳は動いていますが、体の筋肉などは休んでいて、筋肉などはレム睡眠時に回復する。
  • レム睡眠は脳は活動しているため、この時間に起きると、起きている状態と脳の状態が近いため、すっきりした状態で目覚めることができる。

 

この時間に起きることによって、眠気などがなくスムーズに起きることができ、そのまますんなり朝の活動をすることができる。

自動的に痩せる睡眠の時間

miya160131480493_tp_v

ホルモンが、最も分泌される時間帯と、最も気持ちよく起きることのできる睡眠パターンを組み合わせて、最も効率の良い睡眠時間を発表します。

寝る時間

寝る時間は、22時にしましょう。本来ならば21時40分が理想的です。

 

理由は就寝してから入眠に5分~20分時間がかかり、その後ノンレム睡眠のに入るからです。22時に寝てしまうとノンレム睡眠に入るのが少し遅れゴールデンタイムと少しズレるからです。

 

しかし、私達に21時台に寝ることは、ほぼ不可能だと思うので、22時までに寝ることをこころがけてください。

 

「22時に寝れるわけがない!!」と言われることが多々あります。

 

それについては、仕事や勉強の都合があるため仕方がないです。しかしできるだけ近づけることが大事です。

 

22時は無理でも23時、23時が無理でも24時、場合によっては帰宅時間が遅くとも、すぐ寝て早起きして、やることをやるようにすれば睡眠の時間は確保できます。

 

ちなみに米国Google社は、この早寝早起きの生活をするよう社員に推奨しています。その方が健康的で脳の働きも良いからだそうです。

起きる時間

22時に寝たとしたら、何時に起きるのがいいでしょうか?

 

「理想は5時30分~6時の間です。」睡眠時間は6時間~8時間の間が理想的です。

 

22時から6時間だと4時になります。入眠時に5~20分かかるため、4時20分ごろが理想です。

 

テスト勉強をやらないといけない方、仕事をしなければいけない方はこの時間に起きてやると、夜遅くよりやるより、健康的で効率的です。

 

私のオススメは4時の更に1周期(ノンレム睡眠等)後の「5時30~5時50までに起きてもらうのを、おススメします。」

 

特に中学生、高校生の方はまだ、発育期間のため、睡眠時間は多い方がいいのです。また、私は以前は22時に寝て4時過ぎに起きる習慣をしていました。

 

しかし、どうしても早く起き過ぎた感がありました。

 

学校で眠くなる実体験も含めて、5時30分~50分の間に起きるのが一番良いと思います。

自動的に痩せる睡眠時間の結論

yuka150912596015_tp_v

「22時から5時30分まで寝るのが最も効果的である。」

  • 美容効果
  • 美肌効果
  • バストアップ効果
  • ダイエット効果
  • 痩せやすい体質
  • 異性を引き付ける体質

この時間帯に寝るだけで、これらの効果が手に入るのです。

 

逆にこの時間に寝ていないということは、その効果を得られないだけでなく、これらと逆の体質になっていると考えてください。

 

たかが睡眠の時間帯と思っている方は多いでしょうが、そういいうちょっとした事の積み重ねが、今のあなたの体型を作り出しているのです。

 

私は、睡眠はダイエットには必須項だと思っています。

 

睡眠の質を上げで、自動的に痩せていく生活習慣を作り上げでください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA