2週間寝方を変えただけで実験者全員が3㎏痩せた睡眠ダイエット

スポンサーリンク

「寝るだけで痩せるなんて、絶対に嘘だ。」そう思っていませんか?

ダイエットとは苦しいもので、ほとんどの人が継続できなくて失敗する。そんなものだと考えていませんか?

結論から言えば、「寝るだけで痩せることは大いにあります。」むしろ本来、睡眠にはダイエット効果が含まれています。

しかし、私たちの生活習慣が乱れているために、その機能が上手く機能できず、ぶくぶく太ってしまってる方が増えてしまっている現状があります。

睡眠ダイエットの最も良いところは、「誰にでも、簡単に、苦しくなく、手間なく」できるところです。運動や食事制限でダイエットに失敗してダイエット自体を諦めている方がいるなら、もったいないです。

2週間、寝方を意識して睡眠の質を上げるだけでも3㎏痩せることができます。睡眠ダイエットは簡単です。

もし、痩せたいけれど何度ダイエットしても失敗してしまう方がいたら、是非この方法を試して見てください。ちゃんとやれば必ず効果が出ます。

1. 寝るだけで痩せる睡眠ダイエットとは

hira15041240_tp_v

寝るだけで痩せると言われると、何で痩せるのか仕組みがわからない方、信じられない方がいると思います。

確かにただやみくもに寝るだけでは、あまり効果ありませんし、むしろ太る事さえありえます。

まずは、睡眠が痩せる効果を持っているということから知って欲しいと思います。

1-1 睡眠ダイエットで得られる効果

まず、睡眠ダイエットで得れれる効果を説明します。

 

1-1-1 ダイエット効果

161007-188_tp_v

「睡眠ダイエット」と言っているのでダイエット効果があって当然ですが、ダイエット効果があります。

痩せる理由は、質の高い睡眠をとることにより、日中の活動で壊れた細胞や筋肉などを睡眠中に修復、再生させる機能が、飛躍的に高まるからです。

その機能により、体を再生させるためにたくさんのエネルギーを消費するため、まずそこで痩せます。更にその完璧に再生され体は、普段以上に働きが良くなるため、代謝が普段よりかなり多くなります。

普段より、エネルギーを消費する体になっているため、何もしていなくともいつも以上にエネルギーを消費し、勝手に痩せていくことになるのです。

1-1-2 美容効果

hote86_rotenburotobijyo15103631_tp_v

美容効果もあります。ダイエット効果で話した点と被りますが、体の再生が良くなるため、肌の細胞の再生を細かい部分まで行き届かせることができ、新しい細胞ができて古い細胞を老廃物として、便として腸に流されていきます。

特に肌がきめ細やかで、ハリある肌になります。また体に不要なものを無くした綺麗な体になります。

1-1-3 バストアップ効果

saya160312550i9a3361_tp_v

体は寝ている時に成長、そして再生を繰り返しています。特に中学生から高校生くらいの時期は発育が活発になる時期です。

言ってしまえば、スタイルやバストが一番成長するのもこの時期です。

この時期にどれだけ質の高い睡眠をとるかによって、バストのサイズが決まることになります。この時期の睡眠は一生取り返せないので、大切にしてください。

余談ですが、バスト小さいランキングがの統計があり、そのデータによると交通に不便な地域ほど「貧乳になりやすい」という結果が出ています。

これは、交通が不便なため、帰宅時間が遅く朝が早いため、寝る時間が少なくなりバストが育たないのが原因だとされています。話を戻します。

また、成人してからも体は成長を続けます。「成長期以外は再生しかしない」と勘違いしている人が多いのですが・・・ちゃんと成長しています。

そのため「成長期は過ぎたからもういい。」とは考えないでください。バストの大きさ、形の維持のためにも、質の高い睡眠をして、睡眠中の成長と再生の機能を高く維持しましょう。

1-1-4 異性を引き付ける効果

imarib20160807111116_tp_v

質の高い睡眠ができると、体の全機能が活発になります。つまり異性を惹きつける機能もまた活発になります。

少しダイエットとは脱線しますが、異性に自分を魅力的に見せる方法は「フェロモン」にあります。

スタイル、香水、ファッションなどとは別に、異性を本能的に惹きつけます。

簡単説明すると、「異性を引き付けるために分泌されるホルモンで、汗腺から対外に放出され異性に自分を意識させる効果がある。」

そのため、この分泌量が多くなるとあなたの近くにいる異性は、あなたを魅力的な異性だと感じるようになります。

代謝の良い身体は、フェロモンどんどん分泌していきます。そのためにはとりあえず睡眠をしっかりとることです。

細かいことは気にせずに、質の高い睡眠ができらたら、好きな人の近くに行って、あなたという女性を本能的に意識させましょう。

1-2 どうして寝るだけで痩せるようになる?

ここでは、より具体的に痩せる仕組みを紹介していきます。睡眠の質を上げると様々なホルモンや物質が分泌され体を成長、そして再生していきます。

その中でも、特にこの2つの効果がダイエットに大きく貢献します。

1-2-1 質の高い睡眠は脂肪を燃焼させる効果が高まる。

hote86_makuragyu15234016_tp_v

成長ホルモンのダイエット効果は大きく2種類あります。

1.成長ホルモンは脂肪を燃焼する働きがあります。成長ホルモン睡眠中に分泌され脂肪を燃焼します。

そしてその脂肪から得たエネルギーを使って体を成長、再生させています。この働きにより、寝ている間に脂肪が燃焼され、痩せていきます。

2.成長ホルモンによって体の成長、再生がしっかりできると、筋肉、新しい細胞ができます。そうすると体の全ての機能が活発になります。

活発になると当然エネルギーもたくさん必要なため、何もしていなくても、エネルギーとなる脂肪を燃焼するようになります。

つまり代謝の良い体になり痩せやすい体質になったということです。

1-2-2 質の高い睡眠で食欲を抑える効果が高まる。

bis151026143926_tp_v

質の高い睡眠をとることで、食欲を抑える効果とエネルギーの消費を促す効果の両方を持つホルモン「レプチン」の分泌量が増えることが分かっています。

これにより、ダイエットの天敵である食欲を、抑えることができ、なおかつエネルギーの消費増やしてくれます。

また、「グレリン」という食欲を高めるホルモンの分泌を「適度」に抑える効果も睡眠にあります。

このホルモンは低質な睡眠時に多く分泌され、食べ過ぎにより肥満を呼び寄せます。

2. 寝方を変えて睡眠の質を高める

oht99_bieihosizora_tp_v

睡眠の質を高めることで、体の修復機能は一気によくなります。しかし現代人の私たちは、その睡眠の質が「最悪の状態」で放置されています。

そのため、どんどんお腹がに肉が溜まり、太ももがあんなにもパンパンになってしまうのです・・・。

そうならないために、またはその現状を解決するために、質の高い睡眠をとるための必要な知識を紹介します。

2-1 寝る3時間前に夕食を済ませる

shi86_tableset1342_tp_v

質の高い睡眠をとるためには、寝るまでに消化をほぼ終わらしておく必要があります。消化にはおよそ3時間かかります。

つまり、22時に寝ることを考えると、19時までに食事を済ませる必要があるということです。

食事の後にお菓子を食べる場合はそのお菓子を食べ終わる時間が19時まででないと、質の高い睡眠をとることができなくなってしまうので注意して下さい。

2-1-1 消化にはたくさんのエネルギーが必要になる

pak95_sunadokei20141018123010_tp_v

質の高い睡眠を取るためには「消化」を睡眠時に持ち込んではいけません。簡単に言えば早めに食事をとって、寝るまでに消化を終わらせておいてくださいってことです。

消化にはたくさんのエネルギーが必要になります。昼食の後眠くなる経験をした方は多いと思います。

それは消化のために、体のエネルギーが胃に集中し、頭にエネルギーが回らなくなり眠くなってしまっているのです。

この消化を睡眠時に回してしまうと、「体を再生、成長させる働き」を邪魔してしまいます。

再生に必要なエネルギーが消化するために使われてしまって、体の再生と成長に使うエネルギーが残されなくなってしまいます。

消化にはおおよそ3時間かかります。そのために寝る3時間前までには夕食を済ませておいてください。

夕食を済ませてから3時間経たないうちに就寝する方はとても多く、これが原因で太っている方もたくさんいます。

2-1-2 夕食のエネルギーは寝てすぐ必要になる

sawa_saikyouteisyoku_tp_v

夕食とはそもそも何のために食べると思いますか?

答えは「寝ている時に体を再生成長させるためのエネルギーを作るため」です。

夕食のエネルギーは身体を作る(成長と再生)ために使われるべきなのです。

そして、その体の再生、成長が一番活発になる時間がゴールデンタイムです。つまり22時から2時までです。

つまり、22時に寝るとした場合、寝てすぐに夕食から作り出されたエネルギーが必要になるのです。消化には少なくとも3時間かかります。

19時までに食事を済ませていた場合は、22時あたりに丁度エネルギーが作り出されていて、「ゴールデンタイム×豊富なエネルギー」の相乗効果でパーフェクトな体を作っていくことができます。

逆に19時までに食事を済ませていないと、ゴールデンタイムの時にエネルギーが不足し、ゴールデンタイム後にエネルギーが作らて過多になってしまいます。

このエネルギーはどこへ行くのでしょうか?多少は体の再生、成長に使われますが、そのピークは過ぎているため、実際にはほとんど使われません。

夕食が遅れてしまった場合、そのエネルギーは使う機会がありません。そのため、脂肪として蓄えれることになります。これが太る現代人のメカニズムです。

ほとんどの現代のひとが19時までに食事を済ませられていません。そのため、「必要な時にエネルギー不足で必要ない時にエネルギー過多」になり、体の再生、成長は十分にできず、それなのに脂肪はどんどんついていくという、最低の体ができあがっているのです。

2-1-3 夜の間食は睡眠の質を下げる

mok_monburancake_tp_v

夕食の後、テレビ見ながらお菓子を食べたりする方いますよね?夜にお菓子食べるのは良いとは言えないのですが、別に食べても、私はいいと思っています。

お菓子を食べると幸せになりますよね。それって大事なことです。我慢のし過ぎでストレスばかり溜まってしまうとダイエットは継続できません。

ですので、太りやす時間に食べるのだけは避けて、時々、一日の楽しみとして食べるといいです。

つまり「19時まで、寝る3時間前まで」に食べるようにしてください。理由は先ほど説明した通りです。

ほとんどの方が21~23時にテレビを見たり、勉強したり、自分の好きなことをしたりしています。その時間帯に何かを食べている方は非常に多いです。

この時間に食べてしまうと、カロリー摂取によって太るだけでなく、睡眠の質を低下させてしまいます。

質が下がると当然体の再生、成長も上手くいかなくなるため、ダブルで太りやすくなるので避けましょう。

2-2 寝る前と後にやると良いこと

saya0i9a4204072170615_tp_v

睡眠にスムーズに入れるように、気持ちよく寝つけるように、やっておくと良いことを紹介します。

寝る前に取り入れると睡眠の質も上がり、ダイエット的にも健康的にも良いです。また起きた後に必要な動作についても紹介します。

2-2-1 ストレッチ

161007-193_tp_v

寝る前に軽いストレッチをして体を伸ばしましょう。ストレッチを行うことによって、血液の流れが良くなり、体温が上昇します。

体温が高い状態から体温が低くなると眠くなる仕組みになっているので、寝る前のストレッチは相性が良くおススメです。

またストレッチすることにより、体の老廃物などを流すため、老廃物が溜まりそれが脂肪となり体につくことを防止してくれます。

その他にもストレッチは伸ばした部位を細くする「部分痩せ効果」もあるので、取り入れてください。

ストレッチは小学生の時に習った屈伸からの準備体操でOKです。

時間が無い方は、屈伸、伸脚、アキレス腱だけで結構です。これだけで脚痩効果があるんです。実はね。

2-2-2 水分補給

yuka160322230i9a4320_tp_v

寝る前は必ず水分補給をしてください。これはとても重要なので絶対守ってほしいです。

寝る前に水分補給をすることによって、血液をサラサラにして体の寝ている時の機能をを良くしてくれます。

逆に飲まないと、水分不足で血液がドロドロのため良い働きができません。

血液は全身をめぐり、栄養を届け、そして老廃物などを腸へ運搬します。後に便として対外へ出る。

寝ている時間は、水分補給をしないため、この寝る前の水分補給がとても大きな働きをします。

人によっては水分不足が原因で太っている方もいると思われます。

水分補給は白湯が一番良いです。冷たい飲み物は体の機能が低下してしまうので避けてください。

ホットミルクやココアも睡眠にいいとされていますが、カロリー等を考えると白湯を飲む方がいいです。

飲む量は200~300mlが理想です。あまり量は意識しなくてもいいので、コップ一杯分を飲むようにするといいでしょう。

また朝起きた時も最初に白湯を飲むよにしてください。睡眠の時間帯は水分補給ができないため、寝る直前に水分補給したとしても、水分不足な状態に陥っています。

それを解消することで、再び体の血のめぐりが良くなり一日の活動と夜に溜まった老廃物の運搬や排出の働きを活性化させます。

2-2-3 目覚まし時計をセットする

n825_ohirunojikan_tp_v

ベットに入って寝る前に目覚まし時計をセットしましょう。この目覚まし時計をセットするという動作が、「これから私は寝るんだ」と体に言い聞かせながら行って下さい。

これが継続できると、毎日寝る前のルーティーンとなって睡眠に入りやすくなります。(ルーティーンとは何かをやる前にあり一定の動作をとることで、心を落ち着かせることを言います。)

ラグビーで有名な五郎丸選手がキックの前に取るポーズなどお同じ原理で「今から蹴るぞ!!」と自分に言い聞かせているです。それを私たちは「今から寝るぞ」と自分に言い聞かせる訳です。

ここで注意してほしいのは、「目覚まし時計」をセットするです。スマホのアラームをセットするではダメです。理由は大きく2つ。

1つは寝る前にスマホの画面を見ると眠気が覚めます。スマホの画面はブルーライトの光を発していて、目を覚ます効果があります。

2つ目は、スマホを頭の近くに置かないためです。スマホはとても強力な電磁波を常に発しています。

そのため、とても脳に影響を及ぼしています。そのため、枕元などに置くとそれだけで睡眠の質を低下させます。

スマホは寝るときは少し体から離したところに置き、枕元には目覚まし時計を置いて下さい。

どうしてもスマホがないと嫌だという方は寝るときだけ、機内モードに設定してからアラームをセットしてください。

機内モードにすると有害な電波をほとんど防ぐことができます。現代人はこのスマホの電波がとても問題になっています。

私自身も前まではスマホのアラームでしたが、目覚ましに変えてから驚くほどスッキリ起きれるようになりました。

2-2-4 瞑想

imaric20160805472116_tp_v

「瞑想」と聞くと何かとっつきにくいようなイメージがしますが、そんなことはありません。

イメージとしては何かを想像したり、妄想したりすることです。(*瞑想に種類があるため、違う意味の瞑想もあります。)

私たちの目的は「痩せることや綺麗になること」です。そしてそのために、良い睡眠を取るために瞑想します。

瞑想はその日の良かったことを思い出すだけでいいです。

いいことがなかった場合は、自分で妄想して、自分に都合のいい素晴らしい未来を思い描いてください。睡眠に落ちるためには幸せを感じると良いとされています。

瞑想をして自分の良い未来を思い描きながら寝ると、とても心地よく知らない間に眠りに落ちていたりします。

例としては、「買い物してたら好きな人にばったりあって、一緒に遊ぶことになって家まで送ってもらって告白された未来」など自分が嬉しくなれれば何でもいいです。

ただ、最高の未来過ぎて、テンションが上がって寝れなくならないように気をつけてください。

瞑想はベットに入った後に、目をつぶって想像するだけでいいです。前記の例はあくまで参考程度で、何か考えたいことがあればそちらを、考えてもらって結構です。

心が落ち着くようなことを考えられれば一番良いですね。

2-2-5 日光を浴びる

20130427-p4270358_tp_v

朝起きたらできるだけ一番最初に日光を浴びましょう。30秒から1分を目安に、「朝だな~まぶしい・・・」と思いながら浴びていてください。

これは軽視されがちですが、とても大事な作業です。体の体内時計を外と一致させ、体のまだ寝ている機能を起こす働きがあります。

これにより朝の眠い状態から、心も体もスイッチをオンにすることができます。これも簡単にできて、一日のリズムを作る大事な行動になるので、大切にしてください。

3. 現代人の睡眠の質をガクッと低下させる原因

hw20160702363715_tp_v

ここからは、私たちが良くやっていて、睡眠の質をていかさせている原因を消化しています。睡眠の質とダイエットは一心同体と言えます。「睡眠の質が悪い=太りやすくなる」と考えて、できるだけこの原因を取り除けるようにしましょう。

 

3-1 スマホを枕元に置く

iphone35mm_tp_v

上記で少し書きましたが、スマホを枕元に置くと、睡眠の質が低下します。スマホからはとても強力な電磁波が常に発信されています。これは脳にとても有害です。

そのため、「電話するときは、耳元から1、5cm以上離して使ってください。」という趣旨の内容が、どのスマホの説明所にも記載されています。

通話程度の時間なら、まだいいですが、何時間も寝る間枕元にスマホを置いておくのは、かなり健康に悪いです。絶対に避けてください。

現代人のほとんどが、枕元にスマホを置いています。中には赤ちゃんの近くにスマホを置く人までいる始末です。是非気を付けてください。

3-2 パジャマに着替えていない

green20160902565713_tp_v

寝るときはパジャマに着替えましょう。もしくは動きやすくて肌触りの良い服装に着替えて寝てください。

最近のではジャージで寝たり、スウェットで寝たり人によってはパーカーで寝たりする方が増加しています。

これも睡眠の質を下げます。理由は寝返りがしにくいことによって、睡眠が浅くなることや、記事が柔らくないことによって、血液の流れが悪くなることです。

睡眠中は寝返りが大事になります。「服がジャージでも寝返りはするでしょ」と考える方もいるかもしれませんが、寝返りする老力が違ってきます。

無意識で動く寝返りなどは、ちょっと動きにくいだけで、寝返らなかったり、中途半端な寝返りで終わったりして上手くいかなくないのです。

パジャマは寝る専用の服です。服を着替えることにより、寝るモードに切り替わるという意味でも、寝る服装はパジャマ又は動きやすくて肌触りの良い服を着て寝てください。

できるのであれば、寝る服は毎回同じものがいいです。

3-3 明るい、騒がしい部屋で寝る

dscf5810_tp_v

睡眠は暗く静かな部屋で寝ることが大事になってきます。できのであれば常夜灯もつけないで真っ暗で寝てほしいところです。

音楽を聴いたまま寝る方や寝室にテレビを置いて、テレビをつけっぱなしで寝ている方もいます。当然ですが睡眠の質が下がります。

またスマホを近くに置くことから、通知の音だったりマナーモードにしていても、けっこううるさく睡眠の邪魔になります。

できるだけ、暗くて静かなば部屋で寝れるようにしてください。

4. まとめ

150415222377_tp_v

簡単に言えば、睡眠ダイエットとは、できるだけ睡眠の「質」を高めて、体の再生と成長の機能を最大限に引き出し、美容効果やダイエット効果を得ようという方法です。

本来、睡眠とは美容効果、ダイエット効果があります。それを、私達の悪い生活習慣のせいで、上手く機能していなかったり逆に太る機能に変えてしまっているだけなのです。

この記事のタイトルの通り「2週間、寝方を変えただけで実験者全員が3㎏痩せました。」これは事実です。

寝るだけのダイエットなんて簡単だと思いませんか?ランニングしたりジムに通ったり、食事制限する必要はありません。誰にでもできるダイエットです。

さらに、睡眠とは毎日必ずする行為のため、継続することが比較的簡単できます。ジムやランニングに毎日行くより継続のハードルは低いはずです。

継続すれば必ず、結果は出ます。人間である以上、体の働きは同じです。必ずこの記事で説明した成長ホルモンなどが分泌されています。

これが、より良質に行われるようになるため、やれば必ず結果が出てくるのです。睡眠はダイエットには必須です。健康にも必須です。

この記事で書かれていることを意識してあなたの寝方は変えれば、簡単に痩せることできます。

簡単と言っても、食べる時間寝る時間などがある程度決まっているため、簡単とは言い切れな部分があります。

しかし、食事制限や運動などより、明らかに簡単で苦しくないのは事実です。

このダイエット方法は確実に、あなたを健康で魅力的な体にしていきます。そして友達や周りの人達と、見た目や恋愛などで大きな差をつけることができます。

なぜなら、みんな不健康な生活をしているからです。この方法を知っている人はほんの一握りです。知っていいたとしても、深く考えていないのが現状です。

ほとんどの人が痩せる努力をしているのに、太る行動をやめようとはしないのです。いくら最高級の痩せるサプリメントをの飲んでいても、毎日ハンバーガーをお腹一杯食べていたら痩せません。

この睡眠の方法で頑張ればその分、差をつけることができます。痩せる努力より先に太る生活習慣を改善するほうが効果は早く出るのです。

理想の体型になれると、自分に自信が出てきて人生が大きく変わります。私は本当に変わりました。

そして変わった時、太っている方は本当に損している強く思いました。だからこうして、今この記事を、ダイエットの本当の知識を発信しています。

ダイエットの正しい知識を知り、それに沿った方法を継続して、確実に痩せていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA