【脂肪燃焼モード】食事の時間帯を意識して自然と痩せていく体が手に入るダイエット方法を紹介します。

LINEで送る
Pocket

あなたは食事を食べる時間帯って意識したことありますか?

「夜遅くに食べると太るって聞くから夜はあまり食べないようにしてる」という方は多いと思います。

今回はダイエットをする上で、「身体を脂肪燃焼モードに切り替える最も痩せやすい食事の時間帯」について紹介します。

食事の時間はどうしても習い事やバイト、仕事などのその人の生活によってどうしようもないこともありますが、できる限り理想の時間帯に近づけることはできるはずです。

食事の時間帯を意識することは、誰でもできることなので自分のできる範囲でやってみましょう!

朝食は遅く食べ夕食はできるだけ早く食べる

食事は基本的に1日3食ですよね。

人それぞれ生活する上で3食の時間はある程度決まってると思いますが、できれば朝食はできるだけ遅めに食べて、夕食はできるだけ早めに食べるようにしてください。

理由は、できるだけ食べていない時間を多く確保したいからです。

夕食後に何も食べないことを前提に話していきますが、夕食後から朝食の間にかけては基本的に水分補給することはあっても何かを食べることはありませんよね。

「この食べていない時間はダイエットにとってすごく重要です」

何も食べない時間が長ければ長いほど痩せる

この食べていない時間の長さが大きくダイエットに影響を与えます。

食べない時間を確保することのメリットは2つあります。

消化器官を休ませることがでる

私達の消化器官は基本的に働きっぱなしであることがほとんどです。

現代人の私たちは、3食以外にも頻繁にお菓子などの間食をしているからです。

心当たりがある方がほとんどだと思いますが、2時間に1度は何かを食べている人が4割以上いるそうです。

チョコレートとか持ち歩いていて、少し食べたいなって思った時に1コ食べるようにしてることとかってありますよね。

この状態ただと、こまめに消化器官は働いているため休むことができません。

消化器官が休むことができないとどうなると思いますか?

休ませないと段々消化の動きが鈍くなっていきます。簡単に言えば疲れて本来の働きができなくなるってことです。

消化器官は体の代謝(エネルギーを消費して痩せる働き)を最も多くになっている器官でもあります。

つまり、消化器官が元気に働かないとエネルギーをあまり消費できない体になって、余った分のエネルギーは脂肪になるから太るってことです。

逆に消化器官が元気ならエネルギーの消費量が大きくなるため、自然と痩せていきます。

食べていない時間は脂肪燃焼モードになる

私達は食事をすることによってエネルギーを得てそのエネルギーで動いたり、体を作ったりします。

しかし、常に食べている訳ではないですよね。

中には1時間に1度食べているような方もいますが・・・

基本的には食事で得たエネルギーを消費して体を維持していますが、その食事で得エたネルギーがなくなると今度は身体にためていたエネルギーを消費するモードに移ります。

つまり、脂肪を燃焼するということですね。

この脂肪燃焼モードの時間を長くすれば長くするほどどんどん脂肪が減っていき痩せていくわけです。

そしてこの脂肪燃焼モードになっている時間が最も取れる時間が、夕食後から朝食までの間になります。

8時間ダイエットを知っている方も多いでしょうが、8時間ダイエットはこの燃焼モードである時間を長くすることによって痩せていくダイエット方法です。

おすすめの関連記事
8時間ダイエットについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでください。

8時間ダイエットって効果あるの?

2017.06.16

私はこの燃焼モードにすることが一番ダイエットに必要だと考えています。

もちろん朝食から昼食、昼食から夕食の間も間食をしなければ、脂肪燃焼モードになるのでできれば間食は避けるべきです。

ただほとんどの方が、昼間はお菓子などを食べてしまい脂肪燃焼モードになれずにいます。

そのため一番のメインである夕食から朝食までの時間をできるだけ広げるために、夕食はできるだけ早く食べ、朝食はできるだけ遅く食べるように心掛けて下さい。

そしてこの時間の間食は我慢してください。

夕食の時間帯が最も大切

特に夕食の時間帯はダイエットにおいてかなり重要になってきます。

結論から言うと、夕食は寝る3時間前に済ませるのが理想です!!

夕食は睡眠に入る3時間前が最も理想的なタイミングです。

もっと言えば5時間前の方がいいのですが、3時間以上時間が空くと小腹が空いて間食をする確率が急上昇するので寝る3時間前が理想だと考えています。

人間が消化にかかる時間がおおよそ3時間とされているため、食事から3時間経てから寝ると良いとされています。

「なんで消化終わってから眠った方がいいのかな?」

って方もいると思うのでそちらも紹介します。

消化が終わった後寝るメリット

消化が終わり食べ物から得たエネルギーがたっぷりある食事から3時間後は、そのエネルギー最大限に使って寝ている間に体を、成長させたり修復したりすることができます。

この体を成長させたり修復したりする働きは寝ている間ずっと働いているわけではなく、寝始めてから3時くらいまでしか働きません。

ってことは寝始まりと消化の終わりが一致している状態が一番いいってことです。→ここ重要!!

しかも夕食で得たエネルギーをたっぷり使えば、残りのエネルギーはほとんど無くなるため、エネルギーが余って脂肪になるってこともほとんどなくなります。

この体の成長や修復は、主に成長ホルモンと呼ばれるホルモンの働きによるもので

  • 身長を伸ばす働き
  • 胸を大きくする働き
  • 肌を綺麗にする働き
などがあります。

さらに体が成長したり、修復が完璧にできていれば次の日の体の代謝は高くなるため、日中生活するだけでカロリーをたくさん消費してここでもまた痩せやすくなります。

つまり、夕食後3時間後くらいに寝ることがもっとも効率がいい夕食の時間と言えます。

もうここまでくると、夕食後の3時間後に寝ること自体がダイエットと言えますよね。

私自身もこの夕食後3時間後寝るようにすることはとても大切にしてほぼ毎日実践しています。

消化が終わる前に寝るデメリット

消化が終わる前に寝てしまうと消化が成長ホルモンの働きを邪魔してしまい、体を成長させたり、体を修復したりする働きが低下してしまいます。

また消化が終わっていないため十分な栄養が得ることができません。そのため体を成長させたり、体を修復したりする働きが低下してしまいます。

さらに、この体を成長させたり体を修復したりする働きは、寝始まりから3時間がピークなので、ピーク後に消化が終了してエネルギーが得られてもほとんど使えないままになってしまいます。

エネルギーが得られてもほとんど使えてないってことは・・・

「そう、ほとんど使われずに残ったエネルギーは全部脂肪になってしまいます」

消化が終わる前に寝てしまうと、体の成長や修復を邪魔して、身長を伸びなくさせたり、胸が大きくならなかったり、次の日体がだるかったりします。

それなのに脂肪だけはつくという・・・。

次の日は体の修復があまりできていないため、代謝が低くなり脂肪をためやすい体質になっています。

悪循環過ぎますよね。

こうならないように夕食と寝る時間には気を付けましょう!

夕食後、3時間後に寝るか寝ないかでここまでの差が出ると分かっている人はあまりいません。

この記事を読んでいる人はきっとこれで他のダイエッターより2歩も3歩も先に進めたと思います。

昼食の理想の時間帯

昼食はそこまで、何時がいいという時間帯はありません。

しいて言えば、毎日同じ時間に食べるよに心掛けて下さい。

これは昼食だけでなく他の2食にも言えることですが、人間の体はパターンができあがってきた方が消化器官の働きが良くなる傾向にあります。

できるだけ毎日同じ時間に昼食を食べるようにしてください。

もちろん、シフト制の仕事だったりバイトの都合などで毎回同じ時間帯に食事をしたりするのは難しいとは思います。

そういう場合はできる時でいいので「できるだけ一定になるように」心掛けて下さい。

昼食があまり遅くなってしまうと、夕食にお腹が空かなくなってしまうので13時までには食べたいですね。

生活習慣は仕事や勉強、バイトや部活で理想通りにいかないことが多いですよね。

そういうところは仕方ないです。

そういうときは無理に生活習慣を変えるのではなく自分のできる中で理想に近づけて継続することが大切になります。

朝食の理想の時間帯

朝食の理想の時間帯はできるだけ遅い方がいいです。

理由は単純で、できるだけ食べないでいる時間を広く取りたいからです。

この記事の前半でも書いた通りです。

この広い時間(食べていない時間)は身体を脂肪燃焼モードにして痩せやすい体質にします。

朝食もできるだけ遅い方が良いと言いましたが、あまりに遅いと昼食の時間も遅くなってしまうので遅くとも8時頃までに食べられると良いと思います。

まとめ

  • 夕食を食べるのに最も適している時間は、寝る3時間前
  • 昼食は毎日同じ時間に食べることを意識する
  • 朝食はできるだけ遅めに食べる
食事を食べる時間帯を意識するだけで、痩せる体質にも太る体質にもなることができます。

痩せてスタイルが良くなりたいと思っているのであれば、痩せる体質になることは必須です。

夕食の食べる時間帯を意識して、自動的に痩せていく体を作りましょう!

この記事は私が生活する中でも特に気を使っているダイエットに一番大事な部分なので、ぜひあなたの生活習慣に取り入れてください。

合わせてこちらの記事も読んで下さい。

おすすめの関連記事

ゴールデンタイムという睡眠に最も適した時間帯や睡眠方法を紹介しています。

このゴールデンタイムの3時間前に食事を済ませて、ゴールデンタイム少し前に寝ることで最高の生活習慣になり、ダイエット効果をより高めていくことができます。

1ヶ月で3㎏痩せた、ホルモンの力で自動的に痩せる睡眠方法

2017.02.18
LINEで送る
Pocket