睡眠の質を機内モードで上げる。スマホの電磁波対策!

LINEで送る
Pocket

今日は朝から気分がとてもいいので記事を書いています。

最近、寝起きの目覚めが良くて気に入ってるんですよね。

最近私は朝5時に起きて6時半出発してます。

最近の目覚めの良さは、寝る時にアイホーンの通信機能をオフにしてるからだと思っています。(機内モードです)

ほとんどの人がスマホを枕元に置いて寝ていると思うけど、スマホってすごい電磁波出してるんです。

この電磁波って脳にすごく良くなくて、睡眠の質も阻害してしまいます。

これはよく言われていることです。

スマホで電話するときは電磁波が強すぎるので、頭から10センチ離して通話するようにという注意がwebのマニュアルに書かれています。

私も電磁波なめてました…

でもこれを知ってから「リアルに良くないんだなぁ」と痛感しました。

寝る時は通信機能をオフ

機内モードでこの状態になります。

これでほとんどの電磁波は出なくなるので枕元にスマホ置いといても大丈夫ですよ。

しかも普通にスマホの目覚ましアラームは使えますし。

おそらく、内臓されているメモリか何かで電波が遮断されていても時間をはかることができるからです。

もちろん、LINEや通話はできないんですけどね…

スマホの電源を切る

もちろん単純にスマホの電源を切るという方法も有効です。

こっちであれば、電磁波はすべて発っしていないため、一番睡眠に良いです。

ただ、毎夜毎朝にスマホの電源を切ったり入れたりするのは、ちょっと手間な感じはしますね。

私は機内モードを利用しています。

まとめ

スマホは寝る時に機内モードに設定することで、電磁波を放たなくなって枕元においても睡眠を阻害しなくなります。

それかスマホの電源を切って寝るか、スマホを遠くに離して寝る。

夜でもスマホを常に確認する必要がある方たちにはちょっとやりにくい習慣ですが、寝る時は機内モードにするべきだと思います。

緊急の連絡がいつ来てもいいようにしている人は、この方法は使えないので目覚まし時計を買って、スマホは遠くに置く事をオススメします。

ダイエット目覚まし時計ランキング←準備中

睡眠の質は、成長ホルモンの分泌などに関わり、ダイエットや健康にも影響を与えるので、スマホの電磁波はダイエットに大きな影響を与えます。

小さなことですが、コツコツと積み上げていきましょう。

ではでは。

LINEで送る
Pocket